成分の抽出方法

馬プラセンタの成分がとても品質が良く栄養価が高いと評判なことは他の記事の中でも紹介してきました。
ではいったいどうやってプラセンタの成分抽出しているのでしょうか?

 

プラセンタは胎盤を使用していますが、そのままの胎盤を使っているというわけではありません。
人間はもちろんですが馬や羊・豚の胎盤をそのまま使うのは抵抗がありますよね。
しかも臓器ですから・・・

 

そのためいくつかの抽出方法で成分を取り出してプラセンタつぶ(サプリ)にしているのです。
その方法にはいくつかあって
酵素分解法
凍結融解法
凍結酵素抽出方法
加水分解法
分子分画法

 

大きく分けて5種類の抽出方法があり、それぞれに特徴があります。

 

まずは酵素分解法から見ていきましょう。

 

  • 酵素分解法

酵素の力を利用して不要な成分を分解してプラセンタ成分だけを抽出する方法です。
この方法は確実にプラセンタ成分を抽出できるといわれています。
抽出方法が1番とも言われています。

 

  • 凍結融解法

細胞膜を破壊してプラセンタ成分を抽出する方法です。
そのため胎盤を急速に凍結させることで胎盤の細胞膜を破壊するのでその時にプラセンタ成分の細胞まで破壊してしまう恐れがあるといわれています。
でもコストがかからないので安くプラセンタを手に入れることはできるかもしれません。

 

  • 凍結酵素抽出法

これは先に紹介した酵素分解法と凍結融解法の2つを組み合わせた抽出方法です。
それぞれの良い点をミックスして抽出するので より質のよいプラセンタ成分を抽出することができるのです。
しかし手間がかかっているだけにコストがかかってしまうのでこの方法でのプラセンタは値段が少し高めになっているかもしれません。

 

  • 加水分解法

これも細胞膜を破壊してプラセンタ成分を抽出する方法です。
その際に使うのが塩酸なので別名で「塩酸分解法」とも言われています。
凍結融解法と同じく細胞膜破壊の時に有効な成分まで破壊してしまう恐れがあります。

 

  • 分子分画法

この方法はヒトプラセンタの時に使われる方法です。
特別なフィルターを使用してプラセンタ成分を抽出する方法です。
コストがかかりあまり 一般的な方法ではありません。

 

 

プラセンタ成分を抽出するにあたって注意すべき点はプラセンタ成分がに弱いという点です。
どうしても人の胎盤でも動物の胎盤でも殺菌処理をしなくてはいけません。
そのときにプラセンタの成分が破壊されたり有効な成分が少なくなってしまうのです。
でも多くのプラセンタメーカーが何とか有効なプラセンタ成分を抽出しようと独自のやり方で研究を重ねて抽出しているのです。

 

しっかりとしたプラセンタ成分が配合されているかは抽出方法を見ると一つの目安になるでしょう。
お勧めはやはり「酵素分解法」または「凍結酵素抽出法」です。
しっかりとしたプラセンタ成分が抽出されているでしょう。