成長因子とは何?

成長因子といえばプラセンタ、とつながるぐらい重要な成分と言えるのが成長因子です。
この成長因子があるのが本当のプラセンタと言えるかもしれません。

 

成長因子は人間や動物の体内において特定の細胞の分化や増殖を促すタンパク質の総称を言います。
その成長因子の働きには体内の細胞の活性化や分裂、増殖などをしてくれるのです。
結果新陳代謝が盛んになって古い細胞に代わり全身の細胞が活性化するのでさまざまな症状が改善されたり若返りの効果をはじめとする美容効果・健康効果がみられるのです。

 

人間は生まれ持ってこの成長因子を持っているといわれています。
しかしながらこの成長因子は20代後半から徐々に減っていき50代では20代の頃の半分にまで減っているといわれ、これが老化の原因とも言われています。
だからこそこの成長因子が含まれているプラセンタを摂取することで若返る効果が期待できるのです。

 

そんな成長因子にはいくつかの種類が存在します。
どんな種類があるのか詳しく見ていきましょう。

 

成長因子の種類

成長因子は別名グロースファクターとも言われます。
その頭文字も合わせて英字で3文字で表されることもあります。

 

EGF(上皮細胞増殖因子)
新陳代謝を促しキメを整える
皮膚や角膜・気管支上皮細胞の増殖を促す

 

FGF(繊維芽細胞増殖因子)
繊維芽細胞を活性化して増殖を促す
コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸を生成する
ニキビ跡の修復や真皮の生成を促す

 

HGF(肺細胞増殖因子)
肺細胞をはじめ他の細胞の増殖をしたりいろいろな組織の再生を促す
肝臓の病気の改善や修復の力が高いため再生分野で注目されている

 

NGF(神経細胞増殖因子)
神経細胞の増殖や再生を促す
自律神経の調整をして更年期障害や老化防止をする

 

IGF(インスリン様増殖因子)
壊れた細胞の再生を助ける作用がある
関節痛を和らげる
新しい皮膚細胞も生み出す

 

これらの成長因子として種類があるのです。
成長因子は細胞に直接働きかけるので体のなかから健康にそして美しくなることができるのです。