サラブレッドとは

サラブレッド、それは馬の中の馬と言えるのではないでしょうか?

 

サラブレッド

サラブレッドはもともと18世紀のはじめごろイギリスで狩りのために飼育されていてのがはじめと言われています。
その狩り用の馬が改良されて今では競走馬としてのサラブレッドとなったのです。
サラブレッドは血統が一頭一頭あります。
血統は代々受け継がれてきていて、もちろんサラブレッドとサラブレッドという間に生まれた馬しかサラブレッドとはいえないのです。
血統を絶やさないためにも子孫を増やさなくてはなりません。
だからと言って人工受精などの繁殖ではサラブレッドとは認められないのです。
自然な交配でなければならないのです。

 

日本ではそのサラブレッド生産頭数が多いのは北海道です。
そのうち日高地方と言われています。

 

サラブレッドはその血統だけではなく 飼育環境にも徹底しているのです。
もちろん1頭ずつの飼育は当たり前なので感染病などの心配もありません。
そのためワクチン接種や薬の投与もほとんどないといえるでしょう。

 

サラブレッド血統書

そんな素晴らしいサラブレッド、出産も簡単にはいかないのが現状です。
先に述べたように人工交受精ではサラブレッドといえないので、自然に交配をさせるためには準備が必要です。
準備も容易ではなく、馬自体が出産が年に1回という限られた回数であることも踏まえるとサラブレッドの胎盤を入手することはなお容易ではないということなのです。
そのためサラブレッドの胎盤というのは希少性が高いのです。

 

サラブレッドプラセンタの魅力

馬プラセンタの効果の高さは「馬プラセンタ効果」の中でも紹介しました。
やはり栄養価が高い点ではないでしょうか?
高い栄養価を誇る馬ですが、より栄養価がたかいとされているのがサラブレッドなのです。
アミノ酸量も他のプラセンタよりもはるかに多くさまざまな効果があるとされています。

 

また馬は安心・安全面でも評判です。
その上をいくサラブレッド、絶対の信頼感が出てきてしまいます。

 

そんな希少性であるサラブレッドの胎盤から抽出しているプラセンタ成分なのでしっかり効果を感じることができるでしょう。
今は馬プラセンタ市場のなかでもその多くがサラブレッドの胎盤から抽出している成分です。
サラブレッドプラセンタの魅力をぜひ体験してみてください。