馬プラセンタサプリ比較

 

いまプラセンタサプリの市場では豚プラセンタが主流の中馬プラセンタに注目が集まっています。
豚プラセンタよりアミノ酸が多く含まれていたり、美容効果をはじめ栄養価が高いことから注目されています。

 

しかし一回の出産で1頭しか生まない馬の胎盤は栄養価が高い分値段が高くなってしまっているのが現状です。
各メーカーともになるべく安く提供しようとしています。
するとサプリの重要なプラセンタエキスの部分が少なく、他の物でまかなってしまうサプリも登場してしまうのです。

 

サプリではプラセンタエキスの含有量(含まれている量)が重要になってきます。
いいプラセンタエキスが一粒にどれくらい含まれているかを見極める必要があります。

 

そこで馬プラセンタサプリ比較を管理人の私が実際に飲んでランキングにしてみました。
あくまでも私個人の感想をふまえてなので参考にしてみてくださいね。

 

 

含有率で選ぶ

 

100%北海道産のサラブレッドの胎盤を使用している。
添加物・増量剤など一切含まずフリーズドライ製法で純度100%の原末を使っていて、原末を包んでいるカプセルも植物由来の物を使っているので安心である。
薄めていないプラセンタなので1つのカプセルに220mgと含有量である。
カプセルの大きさは標準的で臭いも気にならないので飲みやすい。

 

Tp200

国産サラブレッドから抽出していてそのエキスは200mg。ぎっしり詰まっている。
熱をあまり加えずに抽出しているので栄養成分も多く残っている。
その証拠にカプセル内のエキス末は薄いクリーム色となっている。
国産でこの含有率なのに値段が低価格。
1つぶずつが個包装されていてしっかり保存されている。

 


口コミサイトや女性誌でも人気がある北海道産馬プラセンタ。
純度は100%で無希釈で1カプセルに185mg配合されている。
カプセル内は専門家が推奨する栄養素を配合しているので効果を早く実感することができると評判である。
美容効果はもちろんのこと体調管理にも効果があるとされている。
1日1カプセル、標準より少しだけ小さく感じる。

 

 

値段で選ぶ

 

Tp200

プラセンタ含有率でも2位となっているTp200は1日あたりの金額がなんと!!!
1日66円の国産プラセンタサプリなのです。
先にも述べたように1粒に200mgもプラセンタエキス末が詰まっているすごさ。
そしてしっかりした効果が得られると評判なのにこの値段。
嘘みたいな話ですが・・・本当です。

1日あたり95円と最も値段が安く設定してある。
プラセンタのつぶが他の物に比べて小さく、においがしないようになっていて飲みやすい。
プラセンタエキスを液体で配合してあるので早く体内へ吸収される。
高価とされている上質な馬プラセンタを毎日続けられるようにお財布に優しい価格になっているのがポイント。
はなまるプランは定期コースとなっているがいつでも休止、再開することができる。

1日あたり96円と優しい値段設定となっている。
プラセンタエキスを特殊抽出方法によってナノ化されているので体内へ効率よく吸収することができる。
含有量は1カプセルに100mg、少なく感じるかもしれないがナノ化されているのでこれでも十分な量といえるようだ。
10カプセルずつの個包装になっているのは酸化を防ぐ為とされる。カプセルの形状はスリムだがやや長い。
※2回目以降は5800円での購入になり、3回目以降にしか解約できない。