40代・50代女性が悩まされる更年期って何?

日本人の女性の多くが40代・50代になるにつれて気になるのが更年期ではないでしょうか?
よく耳にする更年期ですが、一般的に閉経を挟んでの約10年間を更年期と呼んでいます。
年齢にすると個人差はありますが45歳から55歳ぐらいまでの期間を更年期としてさし、その間に起こる様々な症状を総称して更年期障害といいます。

 

閉経とともに更年期

更年期障害はその文字の通り女性を悩ます更年期に体にさまざまな障害をおよぼす症状のことをいい下記のような症状がよく見られます。

 

  • 頭痛・肩こり
  • めまい
  • うつ
  • のぼせやほてり
  • 発汗
  • 不眠

 

これだけではなく、最近体調がすぐれないな、よくわからないけど感情の起伏がはげしいな・・・なんてことはありませんか?
実は更年期障害かもしれません。
よく耳にするからといって軽いものだと思っているとつら〜い症状に悩まされてしまうことがあります。

 

まずどうして更年期障害というものが起きてしまうのかそのメカニズムを知りましょう。

 

更年期障害が起きるメカニズムとは?

先にも述べたように更年期とは閉経が関係してくる時期です。
初潮を迎えて数十年付き合ってきた生理ともさようならをする時期が遅かれ早かれ女性には訪れます。

閉経するときが更年期障害

生理、つまり月経が終わることを閉経といいますがその閉経によって女性の体で変化が起きます
閉経することで卵巣機能が低下して卵巣から分泌される女性ホルモンのエストロゲンの量が激減してしまいます。
このことによって体の中のホルモンバランスが乱れ自律神経の調節が乱れてしまいます。
自律神経は体と心を健康に保つためには重要な役割を果たしています。
そのためその自律神経が乱れることによってほかの器官もおかしな働きをしてしまい、結果不調を生み出してしまうのです。

 

どのくらい続く更年期障害?

個人差があるため一概には言えませんが一般的には3年ぐらい続いてしまうようです。
短い人はあっという間におわり数か月後には何もなかったかのように過ごす人もいますし、逆に10年近く長く続いてしまう人もいるようです。
またその症状の程度も軽い更年期障害の人もいれば、日常生活に支障をきたすぐらい重度な症状の人もいます。

 

更年期障害は急に始まってパタッと終わるわけではありません。
症状の始まりは緩やかに始まり、終わるときも「はい、今日でおしまし」ということはなくだんだん症状がなくなっていくという感じです。
あくまでも個人差がありますので同じようなケースになるとは限りません。

 

更年期障害の症状にはどんなものがある?

症状としては体に現れるものもあれば、体の内側つまり精神面に現れる症状と2種類に大きく分かれます。
ここではいくつもある症状をすべて紹介することはできませんが、更年期障害で悩む多くの女性が体験する症状を見ていきましょう。

 

頭痛
頭痛は更年期の時期ではなくても起こる症状なので更年期障害であるかどうかを見極めるのは難しいかもしれません。
でも更年期に起こる頭痛は緊張型頭痛と片頭痛といわれるものがほとんどです。
緊張型頭痛とはストレスや首の緊張によって引き起こされる頭痛です。
首や肩甲骨の周りが緊張することによって縮こまりその部分の筋肉が硬くなってしまうと血行が悪くなってしまいます。
首には脳から情報を体中に伝達する自律神経が集まっている部分で、そこが血行不良になってしまうと脳に血液がいかなくなり酸欠状態になるため頭痛が起こるとされています。

 

もう一つの片頭痛は頭の片側や両側がズキズキと脈をうつような痛みがあります。
脳の血管が拡張することによって痛みが起きるとされています。
激しい片頭痛の場合は吐き気を伴う場合もあり、その多くは30代〜40代の女性に多く見られます。

 

どちらの頭痛も単に頭痛ではない場合もあるので病気が隠れていないか気を付けましょう。
あまり痛みが続くときはとてもつらいので市販薬を飲んだり医療機関での受診をおすすめします。

 

肩こり
頭痛の項目でも書いたように肩甲骨から首までの筋肉が緊張することによって血行が悪くなり肩こりが起きてしまうというメカニズムです。
更年期障害の女性に多く症状として発症しやすく、腰痛も同じような症状が起きやすくなっています。
若いころから肩こりや腰痛に悩まされている場合はより悪化することがあります。
また日常生活の中で同じ姿勢で過ごすことが多かったり、姿勢の悪さも肩こりや腰痛を引き起こしてしまうため気を付けていくことも大事です。

 

血行が悪くなることでそこに疲れのもとになる乳酸がたまり疲労物質として蓄積をして肩こりや腰痛を発症するため、適度なストレッチなどを取り入れたり、血行を良くするためにカイロなどで温めたりするといいでしょう。
女性はもともと筋力が少ないため、男性に比べても肩こりや腰痛を生じやすく、更年期の時期はより加齢も加わるので発症しやすいのです。

 

イライラやうつなどの精神症状
何気ないことにでも急にイラっとしたり、怒りっぽくなるなど以前では気にしなかったようなことにも感情があらわれてしまうなど感情のコントロールがうまくできなくなることも症状の一つです。
また気分が落ち込んだり何事に対しても興味がなくなったりやる気がなくなったりするうつの状態になってしまうのも更年期障害の症状です。
更年期という時期は様々な環境の変化が起こる時期でもありストレスを受けやすい時期といわれます。
そのストレスを自分一人で抱え込んでしまうことでうつ状態に深くなってしまう場合もあります。

 

これらの原因は女性ホルモンであるエストロゲンの分泌の減少が大きく関係していて、感情がコントロールできずにイライラしたりうつ状態になってしまうというのです。
ストレスによって自律神経のバランスも崩れてしまうと精神的症状にも関係素してきてしまうので、やはりストレスをためないようにリラックスできる工夫するといいでしょう。

 

ほてりやのぼせ(ホットフラッシュ)
ほてりやのぼせなどの症状をホットフラッシュといい、更年期障害の症状として7割ぐらいに人が感じているといわれています。
更年期に入る前からこの症状が出る人も多く、ひどい場合は日常生活にも支障をきたすほどのホットフラッシュに悩まされる人もいます。
突然体がカーッと熱くなり顔の赤みから始まり頭部や胸部にほてりや発汗をします。
この時の症状には個人差がありますが体全体にほてりや発汗がみられるわけではなく、指先や下半身は冷えていることが多いです。

 

エストロゲンの分泌減少により自律神経が乱れてしまうため起こるとされています。
自律神経は血管の収縮や拡張をコントロールしているのでそこが乱れてしまうことでバランス悪くほてりや発汗をしてしまうというわけです。
ストレスのほか緊張や運動不足などもホットフラッシュを起こしやすくするので生活習慣の見直しをしてみましょう。

 

不眠
不眠については更年期障害の症状というよりは、加齢とともに不眠になりやすいというのが現状ですが、より更年期には不眠に悩まされているようです。
なかなか眠りにつけない、昔は熟睡できたのに夜中に何度も目が覚める、1度目が覚めるともう眠れない、しっかり寝ても疲れが取れないといった症状に悩まされるようです。
その原因には上記で書いているイライラやうつなどの精神症状やホットフラッシュなどの不眠の原因となっている場合もあります。
またエストロゲンの減少により上気道周辺の筋肉をたるませて、気道を狭くしてしまいます。
そのことでいびきをかきやすくなったり睡眠呼吸障害(無呼吸症候群)を引き起こし、結果不眠につながってしまうのです。

 

原因が明確ではないため対処法も見つけるのも難しいですが、まずは規則正しい生活をして睡眠リズムを整えるようにしましょう。

 

 

必ずしもすべてが更年期障害の症状と断定できるものではありませんが思い当たる症状の場合はもしかしたら・・・かもしれません。
原因の多くに関係していることがストレスです。
ストレスは現代社会で生活している私たちは非常に多く受けやすい状況にあります。
ストレスといかにうまく付き合っていくかによって症状の緩和につなげることができるでしょう。
症状の悪化が見られた場合は必ず受診をして専門医の支持を受けましょう。

 

プラセンタサプリで更年期障害の症状を改善できるって本当?

これらの更年期障害の症状を改善するために医療機関やクリニックで用いられているのがプラセンタ注射です。
更年期障害の治療にはメルスモンという種類の注射をおこない、しっかりとした治療を行うため症状も改善されている人も多くいます。
プラセンタ注射の場合は週に2〜3回の接種が必要で保険が適応されます。

 

 

しかしプラセンタ注射の原材料が人の胎盤であるため、感染症のリスクが皆無ではないということで、プラセンタ注射を1回でも接種したことがある人は献血ができないとされています。
プラセンタ注射の安全性については問題がなく副作用もないとされています。

 

でも献血ができないというリスクを抱えるのはどうかと思いませんか?

 

そこでプラセンタ注射に代わるのがプラセンタサプリです。
実際病院でも更年期障害の治療にプラセンタ注射の他に内服でプラセンタサプリを処方しています。

 

プラセンタサプリは医薬品ではないので即効性にはかけてしまいますが、悩む不調に対する効果に期待が持てます。
プラセンタサプリを飲み続けることでイライラから解放された、また自律神経を整えられたことで不調ではなくなったなどの事例があげられています。
プラセンタ効果として体の内側に働きかける作用はもちろんのこと、見た目にも作用して若返りに期待が持てるのです。

 

そのためには品質のよいプラセンタサプリをえらび、自分に合ったサプリを継続していくことがポイントになります。
⇒選ぶポイントについて詳しくはこちら
サプリを飲み始めてすぐに症状が改善されるかどうかは個人差がありますが、最低でも3か月ぐらいは飲み続けないと効果を感じることはできないかもしれません。

 

プラセンタ注射で更年期障害の症状を改善することができるかもしれませんが、リスクや費用、手間などを考えるとプラセンタサプリがおすすめといえます。

関連ページ

美肌効果
プラセンタの効果の中には美白に有効である成分が含まれているのを知っていましたか?その効果について詳しくみていきましょう。