国産馬と外国産馬のプラセンタ

 

馬プラセンタを言っても実はその馬の出身地によって違うことをしっていましたか?
大きく分けると国内で育った馬の胎盤から抽出してつくられている国内産と外国で育った馬の胎盤から抽出して作られている外国産とあります。

 

同じ馬プラセンタなので効能としては大きな差はありません。
プラセンタ市場で今最も注目されているのが馬プラセンタです。

 

美肌効果はもちろんのこと疲労回復やお通じの回復、ストレス緩和など外見にも内面にも効果を発揮してくれるには変わりありません。
でも国内産・外国産それぞれに特徴があるので紹介していきたいと思います。

 

国内産

国内で育てられた馬の胎盤を使用しています。
ほとんどの物が北海道の牧場で育てられているものが多いでしょう。

 

国内で育てられているというだけで安心・安全と思ってしまう方が多いと思います。
厳しい検査や栄養バランスのいい飼料を食べたり、また徹底した管理のもとで育てられている馬が国産馬の特徴です。

 

Tp200

国産のサラブレッドからエキスを抽出しているTp200。商品名の200はプラセンタエキス末の200mg
熱を極力くわえない方法で抽出することができ、そのまま栄養成分をしっかり残すことができている。
そして吸収しやすいように分子を低分子化にしてある。
1粒ずつ1袋に個包装されていてしっかりプラセンタ成分が守られている優れたプラセンタ。

口コミサイトや女性誌でも人気がある北海道産の馬プラセンタ。
純度は100%で無希釈で1カプセルに185mg配合されている。
カプセル内は専門家が推奨する栄養素を配合しているので効果を早く実感することができると評判。
美容効果はもちろんのこと体調管理にも効果があるとされている。
1日1カプセル、やや小さめカプセルである。

100%北海道産のサラブレッドの胎盤を使用している。
添加物・増量剤など一切含まずフリーズドライ製法で純度100%の原末を使っている。
原末を包んでいるカプセルも植物由来なので安心である。
薄めていないプラセンタなので1つのカプセルに220mgと含有量が業界トップ。
カプセルで臭いも気にならないので飲みやすい。

 

 

外国産(キルギス産)

キルギス共和国といって中央アジアの南部に位置してます。
中国とカザフスタンの間にある国です。

 

広大な牧草地帯がありそこで育てられているのがキルギス産の馬です。
農薬を一切使っていない自然の牧草を食べてストレスなく育った馬といえます。
そのため自然のエネルギーがふんだんに含まれていることが特徴です。

キルギス産の馬の胎盤から抽出されており、アミノ酸含有量は多い。
コラーゲンを支える注目のデルマタン硫酸をはじめヒアルロン酸やコンドロイチンなど美容成分が多く配合されている。
無香料・無着色・保存料ゼロ、また国内工場で品質管理を行っているので安心して服用することができる。
効果を感じるならエイジングリペアに決まりでしょう!

プラセンタだけではない美容成分が配合されている。
プラセンタのつぶが他の物に比べて小さく、においがしないようになっていて飲みやすい。
プラセンタを液体で配合してあるので体内への吸収率が早いとされている。
高価とされている上質な馬プラセンタを毎日続けられるようにお財布に優しい価格になっている。
はなまるプランは定期コースであるがいつでも休止、再開することができる。

 

 

外国産(アルゼンチン)

アルゼンチン産の食用肉の馬の胎盤をつかっています。
アルゼンチンも広大な牧草地で健康に育った馬が多くいます。

 

アミノ酸が多く含まれているとされていて高品質と言われています。
胎盤は国の獣医によって厳しくチェックを受けています。

 

母の滴

アルゼンチンの広大な土地で育った馬の胎盤を使っていてフリーズドライ製法で100%の純度の高いプラセンタエキスが入っている。
不純物が多いとタンパク質量も減るがタンパク質94、4%も含まれていて業界最高ともいえる品質である。
ナノサイズにしたことにより体内吸収率が早く、美容にはもちろん体調改善にもおすすめ。
カプセルはブタ由来の物である。