副作用はある?

hukusayou

馬プラセンタが美容業界や医療関係から注目をされているなかでこれから飲んでみたいと思う方もいるでしょう。
でも服用するものだから副作用があるのではないかと心配する方もいるかもしれません。
そこで副作用があるのかどうかを検証していきます。

 

そもそも馬プラセンタは医薬品ではありません。
ヒトプラセンタについては医薬品として扱われています。
しかし馬プラセンタは医薬品以外として扱われています。

 

つぶ(サプリメント)に関しては薬ではなく健康食品なのです。
薬だと思って服用するとやはり副作用などいろいろ気になる点がでてくるでしょう。
また服用することによって効果をすぐに感じることができないと効き目がないと判断してしまいがちです。
そこには私たちの薬と健康食品の認識の違いが関係してくるようです。

 

薬と健康食品の違い

 

薬とは・・・
病気の人やけがをした人などに治すことを目的に使われるものである。
実験や製造など法律で管理されたうえで製品化されていく。
最終的には病気の人で実験をして治療できるか、効果があるのかなど調べ、表示することもできる。
医師や薬剤師のもとで安全に利用する環境がある。
効果や効能表示もあるので病気になってから使用するものである。

健康食品とは・・・
主に病気の有無に関係なく使うことが多く治すことだけが目的ではないとされる。
食品と同じ扱いになり、成分表示が製品表示となる。
病気の人に対しての実験は行っていないため効果や効能を表示することはできない。
また誰でも購入することができる。
足りないものを補い、健康維持や予防に用いられるものである。

 

つまりプラセンタサプリメントは足りないものを補い、健康維持や予防に用いられるものなのです。
そのため決まった飲み方はないようです。
あくまでその会社が推奨している服用方法があるだけなのです。
そのため自分で調整して服用ができるということです。

 

いままで重篤な副作用が出たという事例はありません。
稀に肌荒れを起こしたということがあるようですがこれは副作用ではありません。
プラセンタ効果によって新陳代謝の活性化が起き、肌が敏感になってしまうようです。
するとニキビができてしまったり肌荒れが起きてしまうことがあるようです。

副作用ない

 

よってプラセンタには副作用はほとんどないとされているのです。
日々続けることによって得られる効果はうれしい限りの物がおおいでしょう。
足りないものを補ってもらっているという認識でプラセンタの摂取をおすすめします。