プラセンタサプリの含有量が気になる

含有量とは調べてみると言葉の意味として「ある物質がある物の中に成分・内容物として含ま れている量。」と記載されていました。(コトババンクより)
つまりプラセンタの含有量というのはプラセンタサプリの中にプラセンタ成分がどのくらい含まれているかを表した量ということになります。
この含有量って重要だとおもいませんか?

 

もちろんプラセンタサプリのプラセンタ含有量が多いからと言って効果が絶大というわけではありません。
でも少ない物よりは多い含有量の方を選んでしまうことでしょう。
プラセンタサプリによっては含有量が記載されていないものもよくあります。
これって実は怪しいのかも・・・
怪しいと言っても商品として怪しいわけではありません。

 

というのも記載されていないということは実際どのくらい入っているのかわからないので少しでもプラセンタ成分が入っていれば「プラセンタ成分配合」って記載されるというわけです。
その例としてあげられるのがプラセンタドリンクではないでしょうか?
確かにプラセンタドリンクは早く体内に効果が出やすいという点では高く評価できることでしょう。
しかしながらドリンクというのはプラセンタの成分をどうしても水でのばさなくてはなりません。
となるとプラセンタ成分が薄まってしまっているということになるのです。

 

その点プラセンタサプリの場合はプラセンタ成分が粉末として入っています。
含有量で見た時は圧倒的にプラセンタサプリの方が多いでしょう。
そしてそのプラセンタサプリでも純粋な成分だけなのか、他の成分も入っていないか・・・という点で見ていくとプラセンタの含有量がまたかわってくるでしょう。
馬プラセンタのサプリの多くは粉末が配合されていて、どのくらいの含有量なのか表記してあるものがおおいようです。

 

あくまでも含有量は目安かもしれません。
先にも述べたようにプラセンタ含有量が多いからといって必ず効果が高い、効果を感じるというわけではないからです。
自分に合ったプラセンタを見つけ、飲み続けなくては効果を感じることはできないからです。
目安として含有量の記載含有量が多いもの、そんなプラセンタサプリを見るけるのがおすすめでしょう。