馬プラセンタが注目

 

プラセンタは女性の味方として多くの女性から支持をうけているサプリメントといえるでしょう。
そんなプラセンタ市場ではよく流通していうのは豚の胎盤から抽出したプラセンタが主流です。

 

どうしてかというと手ごろな値段で販売することができるからです。
それに比べ馬の胎盤から抽出したプラセンタは高価なものとして市場の中心ではないようです。

 

しかし最近では馬プラセンタの効能の素晴らしさにプラセンタ業界も注目をしはじめ、また消費者の私たち女性からも熱く注目をされているのです。
馬プラセンタ豚プラセンタ違い が何かあるのでしょうか?

 

馬プラセンタと豚プラセンタの違い

違い

何が違うかというとまずは馬と豚の胎盤の状態の違いが大きな違いになります。

 

馬というのは1年間に1回の出産でしかも1頭しかうみません。
そのため胎盤には栄養がたくさん詰まっているためその栄養価が多いプラセンタを作り出すということは高価なプラセンタになるということです。

 

逆に豚は年に数回出産をします。
しかもその数は1回で数匹産みます。
すると胎盤の多くの栄養は赤ちゃんに取られてしまうことで栄養価が減ってしまいます。
また何回も出産することで多くの胎盤から抽出できるということで手ごろな値段で作り出すことができるということなのです。

 

 

また馬と豚では生体が違うので飼育方法も違ってくるようです。
馬は体温が高いので寄生虫などの心配がありません。
また病気にもかかりにくいとされているので予防接種など受けていないので安心を届けてくれるプラセンタです。
その馬の中でも「サラブレッド」という馬の中の馬であるサラブレッドはより厳しい環境の中で、大事に育てられた馬なのでより安全で注目されています。

 

逆に豚は病気を防ぐためにワクチンや予防接種をうけている可能性が高いとされています。
そのためどんなところでどのように育った豚なのかを知る必要があるとされています。
そこで「SPF豚」という厳しい管理下のもとで育ち、健康に飼育された豚のみに与えられるこの称号を持った豚プラセンタなら安心を得ることができます。

 

そしてプラセンタ成分に配合されているアミノ酸の量に違いが1番大きいかもしれません。
豚に含まれているアミノ酸量と馬に含まれているアミノ酸量は300倍近くもあるとされています。
また馬には人間の体内では作ることのできない必須アミノ酸をつくることができるのです。

 

しかし豚は馬よりも人間に近い遺伝子を持っているとされています。
すると拒否反応もなく体内へスムーズに浸透することができるのです。

 

つまり違いを項目でまとめると

  • 胎盤の栄養価
  • 生体
  • 育ち
  • 値段

となるでしょう。

自分に合うプラセンタ

 

しかしながら馬プラセンタに注目が集まっているのは事実ですがでは豚プラセンタが効果が少ないなどという根拠などはありません。
自分に合う・合わないが1番なので飲んで効果を感じてみるのが1番のお勧めかもしれません。